Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと11Tを比較!どっちがおすすめ?

Xiaomiの最新SIMフリースマホ「Xiaomi 11T」の日本発売が発表されました。

この記事では、コスパ最強Mi 11Lite 5Gと11Tどっちがおすすめか、スペックを比較しながら考察していきます。

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥21,483 (2024/07/23 13:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

Xiaomi Mi 11 Lite 5Gと11Tを比較!

スペックの違いは以下の通り(※横スクロールできます)

Mi 11 Lite 5G11T
プロセッサーSnapdragon780GMediaTek Dimensity 1200-Ultra
バッテリー4250mAh5000mAh
ディスプレイサイズ6.55インチ6.67インチ
本体サイズ(単位mm)160.53×75.73×6.8164.1×76.9×8.8
重さ159g203g
ディスプレイタイプ有機EL(AMOLED)有機EL(AMOLED)
アウトカメラ6400万画素1億800万画素
インカメラ2000万画素1600万画素
ストレージ128GB128GB
メモリ6GB8GB
指紋センサー側面側面
5G
おサイフケータイ
ドルビーアトモス
価格(税込)43,800円49,800円(通常価格:54,800円)

11Tのほうが優れている点は以下の通り。

  • CPU/メモリ
  • バッテリー
  • アウトカメラ
  • オーディオ

下の記事によると、AnTuTベンチマークスコアにおいて、MediaTek Dimensity 1200がスナドラ780Gより+26%の数値を出しているので、11T搭載の1200-Ultraでは、さらに差がでると予想されます。

https://nanoreview.net/en/soc-compare/qualcomm-snapdragon-780g-vs-mediatek-dimensity-1200

また、メモリも11Tのほうが2GB多い8GBなので、高処理が必要なスマホゲームをする方は、11Tのほうがいいかなと。

 

バッテリー持ちも11Tのほうがいいですね。ただ、Mi Lite 11 5Gを使っている身として、長時間ゲームをするなど、高処理が必要でない限り、11Lite 5Gの4250mAhで十分だと思います。

 

カメラに関しては、画素数が倍以上違うので、写真や動画撮影機能に重きを置くのであれば11T。しかし、インカメラは11Lite5Gのほうが性能が高いので、自撮り向きは11Lite5Gですね。

 

その他の機能で、ドルビーアトモスやハイレゾ対応の11Tを取るか、おサイフケータイ対応の11Lite5Gとるかでしょう。

あとは重さ。日常的に使うスマホの重さは非常に重要だと思います。慣れたら違いを感じられない部分ですが、軽いことに越したことはないかなと。

 

最後に価格。

Xiaomi公式サイトの定価は、11Tのほうが12,000円高いです。2021年10月末現在11Tは49,800円。しかし、Amazonを見てみると、11 Lite5Gが39000円台で売ってたりするので、安さでとるなら11Lite5Gですね。

参考にしてみてください!

created by Rinker
シャオミ(Xiaomi)
¥21,483 (2024/07/23 13:14:32時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA